せっかくの人生だもの。

ワシントンDC大学院生2年目。人権、社会、女性問題について勉強中。ゆるーり感じたことを書いてます。

アメリカ生活

ゲイクラブに行った話。

人生初!ゲイクラブに行った。 正直人生のうちでゲイクラブに足を踏み入れる時が来るなんて思ってもみなかったけど、ノリで踏み入れてしまった。 楽しかった。 何が楽しかったかというと、周りはゲイの男たちで溢れてて、みんな楽しそうに踊ったりキスしたり…

私が出勤時に必ず思うこと - 多様性と社会の活性化 -

私は学校以外の日はNGO団体でインターンシップをしています。 朝の8時、満員電車に乗りダウンタウンで降りる。 電車を降りて、行きかう色んな人種のサラリーマンに埋もれながら私が思うことは、「これが世界を活性化させるんだ」ということ。 私が大学院受験…

米国大学院生活の仕組みと一日の生活記録

今学期はやることがたくさんで本当にいっぱいいっぱいだー。 いつもどおり授業の予習のリーディングと、院生活のあとの就職も考えないといけない。おまけにインターンシップはあるし、今学期取っている必修科目の統計学には、まあ時間をとられるったりゃあり…

アメリカのここがいい(2)

アメリカのいいとこ探しパート2 日本は特に、アメリカンライフに憧れているように感じるから、過剰な期待とは裏腹にがっかりすることもある。そんなにアメリカンドリームに憧れはなかった私でもちょっとしたがっかりはいろいろとあった。でもそんな過剰な期…

あと一年はとことん真面目に不真面目になる

最近誕生日を迎えまたひとつ大人になりました。 去年の誕生日はアメリカに来たばかりで友達もおらず、唯一のインド人の友達がご飯行こうよ!って誘ってくれて、夜8時授業が終わってからタイ料理を食べにいった。火曜日だった。学校が始まってまだ3週間とか…

しあわせのつくりかた

統計学の課題をしながらひたすら考えてた。 統計学といっても数学数学しているものではなくて、international affairs stats and methodsという授業で、目に見えないコンセプトをはかろうというもの。 “目に見えないコンセプトなんて目に見えないのにどうや…

過去の出来事はいい意味で振り返ろう

大学院は容易じゃない。たくさんの勉強量をこなして、アプリケーションを書いてなんといってもとてつもない熱量とやる気があったから、あなたたちはここにいる。 あなたは才能があるからここにいる それを忘れないでほしい って教授が言った。 良く自分にも…

アメリカの頑張る新学期女子たち

新学期も始まって約2週間。新しいクラスにわくわくドキドキしながら学校に通う若い大学生がうじゃうじゃいて、大好きな人間観察が止まらない。 学校のスタバの長蛇の列に並んでなんとなくボーっとしていると、4人くらいの(おそらく18歳とかの)女子大生…

シカゴの4時間もの乗り継ぎの時に書いたブログ

三ヶ月の長い濃厚な夏休みがあっさり終わった。これからこの楽しさを味わった分だけアメリカ生活に励もう。そう決意できるのはきっと授業が始まり始めた頃だと思うけど。 アメリカに戻るという意識がないままパッキングをし、空港に着けばなんでここにいるん…

Struggle comes to the end

月曜日。 ラストウィーク、ラストスパート。月曜日ということで最後のGlobal Ethicsのクラスが終わった。最後の最後までまともにディスカッション参加できなかたったなぁ。でもこれで「哲学だったから」っていう言い訳は言いたくないので、来学期は哲学に負…

あるある質問 where are you from の違和感

先日、ウーバーを使ったときに、「Are you chinese?」と言われた。私含めて日本人6人で利用したんだけど、どうやら私達中国人に見えたらしい。 「ここらで日本人はあまり見ないから珍しいねえ」って、きっと悪気はなかったのは間違いないんだけれど、言葉に…

アプリを消して人生リセット

今日は朝からしとしと雨が降っております、アメリカDCです。今日は一日中目らしい。なんと今日から4日間連続で雨らしい。 空もニコニコしすぎて疲れたのかな、ちょっとオフデイかな。 私も今週は疲れたので、この雨と一緒にちょっと癒されることにします。 …

私の華金

早くも4月も終盤に差し掛かりましたね~早い早い早すぎる。 今日は授業のあとに学校の近くのカフェで久々の友達とランチをしました。 学校からちょちょいとバスで下ると、大きな大聖堂があって、そこの横にカフェがあります。 いやぁやっぱり息抜きは大事。…

花粉症

が、ついに私にも訪れた疑惑が… 家族みんな花粉症持ちで、弟も私の分も全部とっていったのかってくらい、大量のアレルギー持ちで、私だけ何もないやっほーいと思っていましたが、ここアメリカに来て私も花粉症の仲間入りなのでしょうか。 どうやら調べてみる…

怒涛の2日間、”辛い”は乗り越えた

今学期2つのファシリテーション(先生代わりになってクラスを仕切ること)があって、それが4月のそう、まさに、今週の月火に固まってたわけですね。 それがやっと終わって、今、開放感に溢れてます。やったーーーーーーー しかも二つとも哲学の授業で、「…

院生のプライドなんかいらねえ

こうやって窓に足をかけて、太陽に照らされながらする読書が大好きです。 さっき教授に会いに行ってきました。なんてったって、来週のクラスリードは私の番。ひぇえええ。クラスリードっていうのは、2時間半のクラスを教授代わりになって前に立ってクラスの…

お花日和

一気に暑くなりました。 ワシントンDC。 ついこの前まで寒かったのに今日なんて28度。夏だねえ。 この間は毎年恒例の桜まつりにボランティアとして参加してきました。桜祭りのくせに桜なんてこれっぽちも見えなかったし、寒くてぶるぶる震えながらだったけ…

パンクしそうな頭、少し復活

学校にあるアートセンター(音楽ダンス映像アートを学ぶ人たちの建物)でアートとは全く関係のない、世界の子育てについての読み物をしています。今日は一日中雨。どんよーりした曇り空にしとしと雨が降っていてひんやり寒い。これからまた降るのかな。大き…

ホルモンに支配されるわたしたち(セックスのお話し)

フランス人の友達とお茶をしてきました。定期的に近況報告をする仲間。 今日もいろんなことを話したのですが、男女のホルモンの違いは面白いものです。(超客観視です)私ホルモンの話が大好きだから、ちょうど彼と男女間のセックスの定義とやらを語り合って…

想う先はいつも日本

NY、寒かった。 とんでもない時期にいってしまったなぁ。本当にずっとfeels like -20だった。でも真っ白なNYが見られて幸せ。 今日はもう金曜日。いつもなら、あー今週もやり切った!と束の間の華の金曜日を味わうものですが、春休みも終盤に差し掛かった今…

アメリカ生活に気づかされること

春休みとは思えぬ寒さと吹雪で一時はどうなることやら、と思いましたが、今日はしっかり電車、動いてくれました。 いやあ昨日はすごかった。 3月14日。完全なるホワイトデーでしたね。 寒いのうんざりだけど、一人で(足が埋もれちゃう〜)ってたのしみな…

吹雪のTGIF

ワシントンDCからおはようございます。 今日は朝の9:45から大学生と一緒の授業。 (院生は基本夜の授業だけど今回だけ論外なんです) 今日は ☑朝ちょっぴり寝坊 ☑わざわざUberで学校へ行ったのに授業がキャンセルされていた(先生が気管支炎) ☑しかし外…

女であることは楽しいのだ

おはようございます。 大学院に合格してから3月3日で1年、授業が始まってから7か月ほどが過ぎました。 最初は息もできないような、溺れてしまいそうな毎日を送っていて、自分に余裕がなかったけれど、最近は毎朝しっかり日記を書く時間がとれるくらいに…

大忙しのアメリカ大国に戻りました。

間が空いてしまった、 こんにちは。 ついこの前まで凍り付く寒さの中、通学していたと思いきや、 最近は21度まで上がったり、梅の花を見かけたり、DCでも春の訪れを少しずつ感じられるようになってきました。 冬休みを日本でやや1か月チルして過ごして、…

私がDCの院に通う理由

ファイナルが終了してカフェで一息ついてブログを書いてます。 本当に長い長い2週間だった。 毎朝起きては今日は何の科目をしようかどこまでエッセイを書こうかと考え、図書館にこもって気付けば夜の11時。 キリのいいところまでと思い結局2時。 そこか…

泣いてもがいて、あっというまに過ぎた秋セメ。

今日で今学期の授業すべてが終わった。 最後の最後のクラスでプレゼンがあって、ペイパーに追われるはプレゼンの用意に追われるはで大変です。 しかも本来2人でするプレゼンで、参考文献12個を全部ひとりで読んで、パワーポイントにまとめるのは、かなり…

必見映画 「COLONIA」

COLONIAという映画を見ました。やっと。 ★★★★★星5つ。 2015年に公開されたエマワトソン主演の実話に基づいた映画。 舞台は、「コロニアディグニダ」-1973年に起きたチリのクーデターにより発足したピノチェト政権、南米最悪と言われる独裁政権時に、実…

初!フィラデルフィア!一泊二日旅。

おそばせながら、10月末のフィラデルフィアへの旅行について、書いておこうと思います。 フィラデルフィアへ行くのは初めてだったんですが、私の以前留学していた友達から、何もないよと聞いていたので、本当に何もないことを覚悟で行ったんですね。 まあ…

大統領選を受けて私が再確認したことvia教授

ある尊敬する教授の元を訪ねてみた。 両親はどこの人かなんて、そんなよくある差別的質問はわざわざしないけれど、彼女もまた外見だけを見ればマイノリティ。 アメリカにとんでもない歴史的出来事が起こってから5日。 本当にたくさんの人が彼女に会いにオフ…

どうしてこんなにも億劫なのか、アメリカのお金問題。

もっとバランスよく更新しろと言いたいところですが、 アメリカに来てから鬱陶しいとこがあるので どうしてもこれだけは記録しておきます。 それが、お金の問題。 もうかれこれ、アメリカ来る前からアメリカとやりとりをしてるので、3か月近くこの問題とは…