せっかくの人生だもの。

ワシントンDC大学院生2年目。人権、社会、女性問題について勉強中。ゆるーり感じたことを書いてます。

自分を世界の一部と考えるか否か

http://hitomiindc.hatenablog.com/rss

 

 

常に世界を客観視。

 

 

私はいつもそうしていると思ってた。

実際にそうしている部分もある。

例えば、混み合うバー。どっちかというとわいわい騒ぐより、周りでナンパしようとしている男とされようと頑張る女を傍から観察して自分の中で賭けをする派だ。

後ろ斜めで聞こえる男たちのこんな声。

「ほんとこのバーってナンパには最適だよな」

そして斜め前には静かにたたずむ女の子たち。

この男たちはあの女のもとへ行くだろうなーとその勘は5分もしないうちにあたる。

(よし、当たった)

 

こんな風に。

 

 

だがしかし、そういう風に楽しめるなら、客観的に物事をとらえるということに悪いことはない。きっと人生は7割くらい客観的に生きた方が楽しめるかもしれない。

 

でも私はどうにもこうにもそうはいかないことも多々ある。

 

そのナンパを目撃したバーでも気持ちよく酔っぱらっていた自分は気付かぬうちに消えていて、もはや人間観察のためにその場にいるようになる。

 

 

あーまた醜いナンパだなあーとそう思って笑えたら楽しいと思うが、そこから深入りしすぎて、男と女の定義なんかを考え始めてしまう。

友達の話を聞いて、不倫なんてなにやってんのよーそう他人ごとのように笑えたらいいなと思う。どうせ私には関係のないことなんだから。けれどそんな友達の話を聞きながら頭の片隅で、不倫を正当化する人の心理と性格なんかを考え始めてしまう。

 

人は人、自分は自分だし、別に人の目や事情を気にしているわけではないけど、そう考えているうちに眉間にしわがよって、なんて世の中だ。という結論に至ることが8割。

 

こうやって書いていても、どうして自分はこんなにも考えてしまうのだろう、人生はどれぐらいの割合で客観視が必要なのだろう。なんて考えてしまって、終わりが見えない。

 

このままでいいということにしようか。結局この癖は治らないし。

 

でもやっぱり、すべて割り切って100%客観視して物事を笑える友達が羨ましかったりする。