せっかくの人生だもの。

ワシントンDC大学院生2年目。人権、社会、女性問題について勉強中。ゆるーり感じたことを書いてます。

大人になっても死ぬまで一番心にとめて置きたいお話

http://hitomiindc.hatenablog.com/rss

 

「君の雑炊を食べたい」の間違いなんじゃない???!

 

映画「君の膵臓を食べたい」を見に行ったと聞いた友達が眉間に皺を寄せてなんとすごい名前!と驚いていた。

まあそういう反応になっても仕方がないと思う。

 

原本を知らなかった私も、最初この題の映画が出ると知ったときはなにかグロめの映画かと思った。

 

だけどこれ、とってもとってもとっても素敵な純愛映画でした。

 

 君の膵臓を食べたい に対する画像結果

 

 

ちなみに今から行く人は、タオル2枚いりますので、覚悟の上…

 

 

 

 

どれだけ泣くかはさておき。

 

この映画を見る前から私最近よく考えることがあった。

 

「男なんて星の数だけいるんだから」というよくあるセリフ。

若い時の私は、恋愛なんてまだこれからの人生の経験として見ていた。確かに男なんて星の数ほどいる。もちろん、今の恋愛に満足していなくて自分が幸せじゃなかったらきっと合っていないのかもしれないし、お別れした方がいいかもしれない。

 

だけど、もしこの人は素敵だ、と単純に心がそう感じたら、本当に大切にしたほうがいい。

小さな芽に毎日わくわくしながら、よしよししながら水をやっていた子供の頃のように、本当に大事にしたほうがいい。

 

相手を悲しませることはしない、裏切ることもしない、素直になる。

全部ひっくるめて、相手を思いやる気持ちを忘れてはいけない。

 

本当にいつなにがあるかわからないから。

 

 

 

そして、この映画で出てくる「星の王子さま」という本。

昔から読み継がれてきた有名なあの本。

あの本の中の、<王子さまが育ててきた一本のバラを星に置いて、地球にある何本ものバラに出会うも、後からあの一本しかないかけがえのないバラの大切さと愛おしさに気付く>というあのシーン。

 

きっとこの映画はそういうことも伝えたかったんじゃないかと思う。

後から気づくなんて遅いんだ、今ここで自分の目の前に在る愛おしいバラ<人>を今この瞬間に大切にしなきゃいけないんだ。って。

 

そういう風に心の底から想える相手なんてそうそう星の数いないから。

 

彼氏彼女に限らず、大切な親友も家族も。

 

 

 

 

 

こんなにも心がぎゅっとなる映画に最近出会っただろうか…

 

映画館で悲しい映画を見ることが嫌いな私が素晴らしい映画だったとここまでおすすめするのだから、絶対に見てください。