せっかくの人生だもの。

ワシントンDC大学院生2年目。人権、社会、女性問題について勉強中。ゆるーり感じたことを書いてます。

私の中に刻みたいアメリカでの想い

http://hitomiindc.hatenablog.com/rss

 

水曜日は1週間の中で最後の授業の日だから

友人と一杯やってきた。今学期初めて会った同じクラスのベトナム人の彼女も、わたしと同じく5月に卒業するらしい。

 

アメリカ生活も残り3ヶ月を切って、長いと思った2年間の院生活がもう終わろうとしてる。普段は実感しないけど、お酒を飲んでる時にふと(あ、この感じ、恋しくなるな)と思った。

 

アメリカが恋しいというよりも、年上年下関係なく対等になんでも話せて、違った意見も許容し合えて、お互いの国のことをたくさん話せるこの環境。

 

彼女はちなみに28歳で、ベトナムで4年働いた後にDCに来たらしい。ベトナムにはすぐ戻るとは言ってたけど、彼女も彼女でこういう環境が恋しくなるって。

 

英語って、素敵な言語だよ。そりゃ難しいけど。

 

この感覚、自分の中に、忘れないように、死ぬまで跡が消えないくらい、刻みたい。

 

f:id:HITOMIinDC:20180222135207j:image